アミノ酸について(前編)|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

アミノ酸について(前編)
(日本SOD研究会NO、52より)
日本SOD研究会から第52回目となる会報が発行されました。
その内容は、2部作となる前編で、きちんと理解できていない方も多いだろう「アミノ酸」についての記事となっておりました。
コンビニやスーパーなどでアミノ酸入りの商品を目にすることが多いと思いますが、だた健康に良さそうというだけで、私を含めアミノ酸を良く理解できていない方は多いのではないでしょうか?そもそもアミノ酸とは、筋肉や骨・血液など体全体の基本を作っているタンパク質を構成するもので、アミノ酸の種類は数百種類あると言われるのですが、私たち人間が必要とするのは20種類だそうです。ダイエット効果があるかのような宣伝をしているアミノ酸入飲料については、アミノ酸のダイエット効果は科学的根拠もなく、たくさん飲めば飲むほどカロリーを摂ることになるので、飲み方しだいでは痩せるどころか太ってしまう可能性があるようです。(アミノ酸飲料のメーカー側も、基本的に清涼飲料水なのでダイエット効果を言うつもりはないと言われてる方もおられるようです。)
病院での点滴でも含まれていることが多いアミノ酸には、多くの効能があることが分かっており、例えば運動後にアミノ酸を摂取することで筋肉が修復され筋肉痛が軽くなる効果がでるのですが、運動後30分以内に摂取するのが効果的で食事では間に合わないので、サプリメントから摂取する方が良いようです。他にも疲労感の軽減や持久力の増加などが期待できるアミノ酸があるのですが、アミノ酸といっても様々な種類があるので、組み合わせなども含めよく理解する必要があるようです。このようにアミノ酸は運動に大きな影響を与えるのですが、アミノ酸を取るだけではダイエット効果はないとのことでした。
私は、初めてアミノ酸について理解できました。なんとなくですがダイエット効果があるかのような宣伝がされる理由がわかりました。アミノ酸にダイエット効果があるのではなく、アミノ酸を摂取することで運動しやすい環境ができるので、運動をしてダイエットに繋がるといったところでしょうか…。なのでスポーツ選手や良く運動をする人にはより効果的なのだろうと思いました。
2部作なので次回のアミノ酸特集も楽しみにしたいと思います。



PC版に切り替える