お腹の痛み(下腹部)|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

お腹の痛みについてpart1(下腹部)
(日本SOD研究会NO、31より)
日本SOD研究会から第31回目となる会報が発行されました。
今回の会報の内容は、腹部に痛みの症状が出る様々な病気についての記事(日刊スポーツからの引用。)と丹羽SODロイヤルのご紹介記事となっておりました。
誰もが一度はお腹が痛くなったことがあると思います。一言でお腹の痛みと言っても様々な痛みがあるのですが、みぞおちが痛い時には、胃炎や十二指腸炎・胆石症の可能性があるようです。また、右下腹部の痛みが出る虫垂炎(ちゅうすいえん)も初めはみぞおちやへそ周りが痛くなり発熱や食欲不振などの症状がでるのですが、無理に我慢をして治療を受けないと腹膜炎になる可能性があるので早めに病院で治療を受けた方が良いようです。左右の下腹部が痛くなる病には、大腸憩室炎や大腸ガン・腸脂肪織炎・虚血性腸疾患・盲腸ガン・リンパ腫・卵巣腫瘍などがあり、右下腹部だけでなく左下腹部に痛みがでる場合もある大腸憩室炎は、腸が膨れたような憩室が炎症する病気で、憩室に炎症がなければ特別治療は必要ないのですが、炎症している場合には腹膜炎になってしまう可能性もあるので早めの治療と生活改善が必要なようです。もちろんその他の病気にも治療が必要です。
私も腹痛は経験したことはありますが、トイレに行き少し経てば治るような程度です。しかし、長期的に痛んだり激痛だったりする場合には病気が潜んでいる可能性があるので、不安に思ったら早めに病院で検査・治療した方が良さそうです。我慢をしてしまうは症状を悪化させてしまう危険性もあるので、我慢をせず早期発見・治療がベストだと思います。


PC版に切り替える