新たな抗ガン剤の承認基準|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

新たな抗ガン剤の承認基準
(日本SOD研究会NO、75より)
日本SOD研究会から第83回目となる会報が発行されました。
その会報の内容は、新たな抗ガン剤の承認基準についての記事(毎日新聞から引用。)と生活習慣病の対策についての記事そして、健康サプリメント成分の効果の記事(新聞から引用。)となっておりました。
欧米など海外の先進国では、使用できる抗ガン剤の認証審査を行う時に延命効果の確認も行うのが当然のようです。しかし、日本では今まで延命効果の確認は行っていませんでしたが、今年2005年に厚生労働省は抗ガン剤認証審査の中に延命効果を確認することを決め、より承認基準を厳しくするようです。これまでは時間のかかる審査よりも患者さんが早く抗ガン剤を使えるようにするという方針だったが、今回の新しい審査基準では数ある抗ガン剤の中でも極僅かな抗ガン剤しか承認されないようです。
今まで日本では抗ガン剤の認証審査に延命効果の基準が設けられていなかったとは初耳で少し驚きました。個人的にはとても重要なことだと思うのですが…。延命効果が確認できていない段階で患者さんに抗ガン剤を使用してきたということになるでしょうか?私の勉強不足できちんと理解できていないのかもしれませんが、これからは新たな基準が出来たので個人的には安心いたしました。
東大阪市は糖尿病予備軍の疑いのある市民の方のために週一回のプール教室を開催したようです。その内容は、水中ウォーキングで、三ヶ月後の検査結果では数値が改善された方が多くいたそうです。水中ウォーキングを行うことで運動の楽しさを覚え、日常でも体を動かそうとすることも数値の改善に繋がり、また、水中では肥満の方も膝などに負担が軽くなるので、生活習慣病の予防に効果的なようでした。
やはり健康には適度な運動は欠かせないようですね。私は普段から自転車に乗っており運動することは心がけているのですが、運動をしていなかった時期と比べ冬場の寒さも以前ほど気にならなくなり、体が強くなったような気がしています。運動不足を気にかけておらっれる方は、体を動かすキッカケにも水中ウォーキングを試してみてはいかがでしょうか。
厚生労働省は、豆乳に含まれる大豆たんぱくと緑茶に含まれるカテキンを一緒に摂取することで、大豆たんぱくの働きがより活発になり、動脈硬化に効果的である可能性があることを発表したようです。マスコミなどでダイエット効果があると言われているα-リポ酸をドイツの研究機関が調査した結果、α-リポ酸には人間のダイエット効果を裏付けるような論文がなく、現時点ではダイエット効果があるかどうかは不明という結果をだしたそうです。
大豆たんぱくとカテキンが相性が良いみたいなので、これからは意識していこうと思いました。納豆ご飯と緑茶なんかは最高なのではないでしょうか…。α-リポ酸はダイエット効果が証明されている訳ではにようで、なぜこのような噂をメディアは流してしまうのか疑問に思いました。



PC版に切り替える