アンチエイジングについて|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

健康フォーラム(アンチエイジング)
(日本SOD研究会NO、59より)
日本SOD研究会から第59回目となる会報が発行されました。
今回は、読売ホールで開催された健康フォーラムでのアンチエイジングについての講演会に関する記事となっておりました。(読売新聞からの引用。)
高齢化社会が進む中、アンチエイジング(抗加齢医学)が注目されているのは皆さんご存知だと思います。
講演をされた専門家の方のお話しによると、高齢になっても元気で健康でいるためにはアンチエイジングを実践することが効果的で、腸内環境を整え善玉菌を増やし免疫力を高めたり、活性酸素が原因で老化の影響を受けやすいと言われる血管へのダメージを減らすためにも抗酸化物質(ビタミンC・Eなど)を摂ることが、元気で健康な生活を送っていくうえで大切なことのようです。(もともと人間の体には抗酸化力が備わっているのですが、ある程度大人になり年を重ねていくとその力は弱っていくそうです。)
「血液がサラサラ」という表現を聞くこともあると思いますが、これは、活性酸素が原因で血管が固くなり血液中の球体が流れにくくなることを意味しており、対策として緑黄色野菜や青魚などの食品の他にも胡麻に含まれるセサミン・ニンニクに含まれるアニシンなどの成分も注目を集めているようです。健康に効果的な食材は沢山ありますが、より効果的に摂取できるような調理法や組み合わせを理解することでより効率よく摂取できるので、そういったことを調べるのも重要なようです。その他にも補えない栄養や必要な栄養をサプリメントから摂取することも大切で、老化と健康にはバランスの良い食事やサプリメントから栄養を摂り、適度な運動で筋肉を動かし、十分な休息(睡眠)をとることが重要とのことでした。
やはりきちんとした生活習慣が大切なのだなと思いました。これがなかなか難しかったりするのですが、得た知識が無駄にならないようになるべく運動をしたり、十分な睡眠をとっていこうと思います。私は納得のいくサプリメントは飲んでいるのですが、皆さんの中にサプリメントを飲まれていない方がおられるのなら、将来の美容と健康のためにも始めてみてはいかがでしょうか?



PC版に切り替える