脳卒中に関する記事|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

脳卒中に関する記事part1
(日本SOD研究会NO、44より)
日本SOD研究会から第44回目となる会報が発行されました。
今回の内容は、第一弾となる脳卒中の治療法などについての記事(毎日新聞から引用。)となっておりました。
脳卒中とは脳の血管障害のことを言い、脳の血管が詰まったり狭くなる(動脈硬化)ために起こる虚血性と血管が破れることで起こる出血性に分けられ、虚血性は脳梗塞、出血性には脳出血やくも膜下出血があるようで、特に高血圧や糖尿病・高脂血症の方は注意が必要な病気のようです。
脳梗塞から仕事復帰なされた60代男性の体験談では、高脂血症と糖尿病で3年程前から食事制限をしており、病院での検査入院の最中に脳梗塞で倒れてしまったそうです。倒れる前のコレステロール値は危険値よりも低く、検査でも異常はなかったのですが、軽くろれつがまわらなかったり、軽い記憶喪失、目眩、顔や体の痺れなどの症状(予兆)があったことを言われており、また、万一に備えた病院選びも大切であることを言われておられました。
脳卒中に大きく関わる血圧は、急に体を冷やす(冬場など寒い場所に出る)と一気に上がるので、冬場に寒いトイレやお風呂に行く場合には暖かい格好で移動したり、予めトイレやお風呂場を温めておいて急に寒い場所に行くことを避けることが大切で、また、首元を冷やすのも良くないのでマフラーなどを活用するのが良いようです。お酒は数時間後に血圧が上がるので飲みすぎには注意が必要であり、塩分の摂り過ぎも注意が必要なようです。
確かにお年寄りの方が冬場のお風呂で倒れてしまったなんて話しをよく耳にしますが、急な血圧の上昇が原因だったのでしょう。ご高齢の方は特に注意が必要だと思うので、体を冷やすことなく(血圧を上昇させることなく)生活を送れるようにする対策が重要かもしれません。また、いざという時のためにも病院を選んでおくと安心できるのではないかと思いました。


PC版に切り替える