尿の症状がでる病|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

尿の症状がでる病について
(日本SOD研究会NO、35より)
日本SOD研究会から第35回目となる会報が発行されました。
その会報の内容は、残尿感など尿の症状がでる病気についての記事(日刊スポーツからの引用。)と丹羽SODロイヤルのご紹介記事となっておりました。
男性が大人になり高齢になるにつれ、尿が出にくく排尿に時間がかかるようになっていくのには前立腺肥大が関わっていることが多く、前立腺が肥大することによって尿道が圧迫され尿が出にくくなるのですが、前立腺の肥大は30代頃から始まり80代ではおよそ9割が前立腺肥大症になっているようです。主な症状には、尿が出にくくなる以外にも残尿感や排尿の回数が増える・急な尿意などがあるのですが、酷い場合には尿が出なくなってしまう場合もあるようです。(前立腺炎や前立腺ガンも尿が出にくくなるようです。)
高齢の方に多い尿漏れは、男性の場合は前立腺肥大の可能性が高いのですが、女性の場合は高齢になり尿道が短くなり尿が出やすくなってしまう生理的なことが関わっていケースが多いようです。治療法はその方の症状にあった様々な治療法があるので、専門医に相談することが大切とのことでした。
男性の場合は前立腺肥大で尿の症状がでる場合が多いようでした。ほとんどの人がなるようなので、男性の場合は避けては通れないことだと思いますが、高齢の女性でも生理的な問題で尿漏れに悩んでいる方は少なくないようなので、記事にもあったように専門医に相談することが大切だと思いました。


PC版に切り替える