愛用者インタビュー|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

丹羽SOD愛用者インタビュー
(日本SOD研究会報NO,185より)
2016年8月10日に日本SOD研究会から会報が発行されました。
丹羽SOD食品の愛用者インタビューが2件(うち1件は愛犬のお話しでした。)が書かれており、47才女性の記事が気になったのでお話ししたいと思います。
この方のお父様78才は、糖尿病と高血圧を患っていました。そんな中ある日、血尿が出たことをきっかけに病院へ行き検査を受けたところ膀胱ガンと診断されてしまいました。その後、お医者さんに勧められるまま手術をしたのですが、自分で膀胱ガンについて調べたところ直ちに命に関わるガンではないが、再発の確率が高いガンであることが分かったそうです。そして、一年もしないうちに再発してしまい2度目の手術をしたのですが、発熱してしまい検査をしたところ膠原病の疑いがあると診断されました。
これでお父様は、膀胱ガン・膠原病・糖尿病・高血圧と戦わなくてはいけない状態になってしまったのですが、高齢なこともあり出来ない治療もあったそうです。また、薬もほとんど効かない状態だったそうです。
苦しんでいるお父様を見ていた娘さんは、ガンや膠原病についていろいろ調べているうちにSOD会報や丹羽療法にたどり着いたようで、入院しているお父様に丹羽SOD食品を勧め飲むようになりました。強い薬を飲んでも下がらなかった血圧が、丹羽SOD食品を飲みはじめてから数日で血圧が下がり、また、血糖値も下がり無事退院されました。そして、その後の検査でも異常は診られていないようです。娘さんも何年か前からパニック障害の診断を受けて安定剤を服用していたこともあり、丹羽SOD食品を飲み始めたそうです。その後、症状も良くなってとても元気な様子が感じ取れました。
このような体験談を聞くと丹羽SOD食品の良さを改めて実感してしまいます。私も高齢の両親やアトピーの家族には、勧めて飲んでもらっているのですが、なかなか自分のこととなると若いからなどと思い続けられなかったりもします。けど、飲んだほうが良いのは間違いないでしょう。少しでも多くの方に読んでもらいたいと特に思う記事でした。
この他にも、近藤誠先生の「がん患者よ、近藤誠を疑え」のBOOK紹介も書かれていました。
近藤先生は、抗ガン剤治療はしない方が良いと言っておられ、大変勉強になる本だと思います。抗ガン剤の害について多くの人が知るようになった近年では、大変興味深い一冊です。


PC版に切り替える