静脈瘤などのご質問|管理者のつぶやき

管理者のつぶやき

静脈瘤などのご質問
(日本SOD研究会NO、107より)
2008年3月10日に日本SOD研究会から会報が発行されました。
今回の内容は、SOD愛用者の方からのご質問「静脈瘤や妊婦の食事について」に丹羽先生が回答されている記事と鼻炎に悩まされていた丹羽SOD食品(SODロイヤル)愛用者インタビューそして、SOD愛用者の方からのお便りのご紹介となっておりました。
静脈瘤とは血液を心臓へ戻している静脈が拡張してしまう病気で、足に起こる下肢静脈瘤がほとんどであり、瘤(コブ)やむくみ・疲れなどの症状があるようです。高齢の女性の方に多く見られるのですが、直ぐに悪化したり命に関わるような病気ではないようです。静脈瘤のご質問に対して先生は、もともと女性の血管は男性より弾力性が弱いのでむくみやすく、加齢や重力の関係もあり、弾力性の弱くなった足の静脈に戻るはずの血液が溜まってしまうという事を言われておられました。また、あまり動かない立ち仕事をしている方(美容師・教師など)に多く、遺伝的なものは少ないようです。血液が溜まり続けて悪化が進むと血管が膨れて最終的には大きな腫瘍になってしまうので、この場合は手術で切除するのですが、血管自体は変わらないのでまた、静脈瘤になる可能性があるようです。今のところ血流を良くするクスリはなく、立ち仕事の人は軽く体全体を動かしあげ血流を促すなどして予防するのが大切なようです。
お年寄りの女性の方で下肢静脈瘤になっている方は、よく見かけるので本当に多い病気だと思います。命に関わらないとは言え血が溜まっているのは、気持ち的にも良いものではないので、一度なってしまった方でも予防をしたり、血行を良くしてあげたりするのが大切だと思いました。
妊婦の方からの丹羽SOD(SODロイヤル)と食事についてのご質問に対して先生は、妊娠していてもSODを飲むのは当然問題がなく、それどころかお腹にお子さんがいるのでいつもより少し多めに飲んだほうが良い事や、妊婦さんが心配していた水銀が多い魚については、マグロなどの大きい魚は多く含んでいるのであまり食べない方が良い事を言われておられました。その他にも注意をした方が良いもの(ワクチン・缶ジュースを含むアルミ・殺虫剤など)を挙げられておられました。良い物としては、玄米・色のある野菜・豆・海藻などで、解毒作用のあるマグネシウムを含んでいる食べ物のようです。
きちんとお腹のお子さんの健康も考えられている頼もしい妊婦さんだと感じました。お子さんの為にも本当に体に良いものを食べられるように、これからも健康に気を使って幸せなご家庭を築いていってもらいたいと思いました。
丹羽SOD(SODロイヤル)愛用者インタビューは、歯科医院を営んでおられるご両親を持つお若い高校3年生の男性でした。3年程前から酷い鼻炎に悩まされており、点鼻薬と飲み薬なしではいられない状態だったそうです。鼻の粘膜を焼いてしまうレーザー治療もしたようですが、一時だけで改善されず、いろいろなサプリメントを試したり、良いと言われる病院へも行ったのですが、良くなることはなかったそうです。そんなある日、歯科医院に届いたSODの資料を見て飲み始めるようになったのですが、翌日には鼻炎は治まり、あまりの効果の早さに逆に心配になったそうです。しかし、数ヶ月経った現在も治まったままで、今ではお母様も健康のために飲まれているようです。
まだお若いのに大変な思いをされたのが伝わってきました。もしかすると丹羽SOD(SODロイヤル)と出会わなかったら未だに鼻炎で苦しんでいたかもしれませんが、諦めずにいろいろ調べていたご家族の力も大きいと思いました。
愛用者の方のお便りは、総勢5名の方からのお便りで、潰瘍性大腸炎ですが腹痛がなくなった・便秘が解消された・ほとんど花粉症の症状がでない・重度のアトピーが良くなった・アトピーの改善が見られ始めた。とどれも喜びと感謝のお便りとなっておりました。



PC版に切り替える