活性酸素とは?|日本メディカル研究会

活性酸素とSODHEADLINE

病気の90%は活性酸素が原因!
活性酸素とは人間(生物)が酸素を体内に取り入れ、エネルギーを生成する時に発生する物質です。
活性酸素は様々な要因で発生しています。)
活性酸素は、外部から侵入してくる菌や微生物を排除してくれるなど、体の健康を守るために、人間(生物)の体内で必要に応じて作られる
有益な物質ですが、良い働きをする半面、活性酸素は反応性の強い物質なので身体の細胞を傷つけ、体内の物質と反応してしまい過酸化物質(活性酸素によって酸化させられたコレステロールや中性脂肪といった脂質)という脂質のサビをつくるなど、健康への悪影響も及ぼしてしまいます。
この活性酸素の健康にとって良い働きと悪い働きを、
体内でバランスよく保ってくれている物質がSODです。
SOD酵素はもともと体内にある酵素ですが、SOD酵素には個人差がある事やある程度の年齢を境に減っていくこと事が分かっています。
我々の現代社会の生活の中では、活性酸素が過剰増加する要因(ストレス、農薬など)が多く、さらに加齢によりSODが低下することもあり、体内の活性酸素が増加してしまいます。
そして、過剰増加した活性酸素が、正常な血管の内壁や内臓などを攻撃したり、細胞核のDNA(遺伝子)を傷つけたりし、そのことが多くの疾病の原因とされています。


■活性酸素の性質
上記でも書いたとおり、活性酸素は免疫機能の一つで、もともと人(生物)に存在するものです。最近では、過剰発生した活性酸素が有害な物質であるとご存知の方も多いと思います。しかし、よくご存知でない方は、「活性」と聞くと活きの良いプラスのイメージをもつ方もおられるかもしれません。確かに活性酸素は免疫の一つで、必要なものです。しかし、本来の意味は、
体内の他の物質と非常に反応しやすい性質をもつという意味です。
私たちの生活の中での身近な事で例えると、擦り傷などを消毒する時に消毒液を使いますが、その消毒液に含まれる過酸化水素(オキシフル)と言う物質も活性酸素と同じ様な働きをします。
消毒液(過酸化水素)を擦り傷にかけると、ジュワジュワと白い泡ができますが、これは、消毒液の過酸化水素(オキシフル)が他の物質と化学反応をして、細菌を殺してくれているからです。
とても反応しやすい性質をもっている活性酸素は、消毒液に含まれる過酸化水素の様に他の物質と融合しやすいのです。このような性質をもっているので、体内に侵入してきた細菌やウィルスを退治してくれるばかりではなく、細菌やウィルスと同様に
体内の細胞にまで攻撃をしていしまいます。

鉄が錆びる事などを酸化するといいますが、これは、鉄の分子が酸素と化合して起こることです。このように、物質に酸素が化合する事を酸化と言いますが、酸化は人体(生物)でも起こっています。
その原因は言うまでもなく活性酸素です。活性酸素は、その性質から体内の組織と反応して酸化させ、老化や様々な生活習慣病(ガン・高血圧・動脈硬化など)の原因になっています。


SOD誘導能
はじめに、上記でも書いたSOD酵素や活性酸素は人間や動物だけでなく植物にも存在しています。強烈な紫外線を浴びる事は、有害な活性酸素の発生要因の一つなのですが、紫外線を浴び続けている植物は有害な活性酸素が発生し続けているのではないかと、思ってしまいます。ところが、植物にはその分多くのSOD酵素が存在しており、活性酸素とのバランスを保っているのです。
私たち人間の体内も有害な活性酸素や過酸化脂質(活性酸素によって酸化させられたコレステロールや中性脂肪といった脂質)が発生すると、それに応じてSOD酵素が沢山作られます。
この働きを
SOD誘導能と言い、SOD研究の世界的権威でもある丹羽博士(丹羽SOD食品開発者)の研究によると、40歳を過ぎるあたりからSOD誘導能が弱まっていくことや、遺伝子が原因でSOD酵素には個人差があることが分かっています。
これらの事から、老化や有害な活性酸素が原因で起きる体調不良・様々な病気には、やはりSOD酵素が重要で、ある程度年老いていくと少なくなっていく体内の
SOD酵素を増やしてあげることは、私たち人間(生物)の健康にとってとても良いことと言えます。

抗酸化物質の摂取
抗酸化物質とはその名の通り酸化を防いでくれる物質つまり、活性酸素を除去してくれる物質のことです。
抗酸化物質には、SODの他にもビタミンC・ビタミンE・ビタミンAなどがありますが、それらの適量を野菜からするのには大量の野菜を食さなければいけないので大変困難な事です。
ビタミン錠剤での摂取方法も考えられますが、もともと体内にある物質ではないので大量に摂取しても全てが吸収されるのではなく
排出してしまうなどの問題点があります。
SODロイヤルは独自の特殊製法でスムーズに消化・吸収出来るよう製造されております。
【活性酸素を減らす鍵は肝臓にあり!】
肝臓はエネルギーの供給、有毒物質の分解、そして体を構成する成分の合成などの重要な働きを行うため、体内に取り込まれた酸素の大部分(30%~50%)を消費すると言われています。それだけに肝臓は活性酸素が発生しやすい臓器でもあるのです。
肝臓に活性酸素が過剰に発生してしまうと、正常な働きをしている細胞までダメージを受け、全身へのエネルギー供給が上手くいかず、体調が悪い・顔色が悪い・疲れやすいなどの症状がでてきます。
SOD酵素は肝臓で作られていますが、毎日の食事やサプリメントなどから不足したSOD(抗酸化物質)を補い、活性酸素の過剰発生を防ぐことで肝臓の働きをサポートしてあげましょう。


活性酸素との関係・発生要因
■アレルギー・炎症と活性酸素
炎症やアレルギー反応には、
活性酸素が強く関係しています。抗原(ホコリ・ストレスなどのアレルギーの元)が体に入ったり、何らかの刺激が体に加わると白血球の中の好中球が活性酸素を発生させて、これが上皮細胞にある肥満細胞(マスト細胞)を破ります。そうすると肥満細胞(マスト細胞)からヒスタミンなどの化学物質が放出されます。これが、むくみ・かゆみ・発作の原因になります。

■皮膚(シミ)と活性酸素
紫外線を浴びると活性酸素が発生し、メラノサイトが活性化されチロシナーゼが酸化を繰り返しメラニンを生成します。
発生したコラーゲン(膠原繊維)を壊してしまうのでシワの原因になります。
メラニン色素が作られるから皮膚ガンにならなくて済んでいるのですが、30才位からSODが低下してくるとその
色素が沈着して シミをつくってしまいます。

■活性酸素の発生要因
食物をエネルギーに変える時・喫煙する・アルコールの摂取・X線、放射線を浴びる・工場、車の排気ガスを吸う・食品添加物の摂取・医薬品(化学物質)の摂取・紫外線を浴びる・菌やウィルスの侵入・過剰な運動をする。
その他多くの要因で活性酸素は発生しています。


現代人にとって活性酸素は多くの場面で発生しています。過剰発生した活性酸素が人間の健康に様々な影響を与えてしまうのですが、こういった活性酸素を除去してくれるのが「丹羽SODロイヤル」です。


PC版に切り替える