「日本メディカル研究会」タイトル画像
トップ 商品一覧・購入 ご利用案内 お買い物方法 ごあいさつ お問い合わせ

 はてなブックマークに追加 

日本メディカル研究会はポイントではなく現金値引きでお届けしております。
「丹羽SOD食品・SODロイヤル/ベルムカイン格安で安心お届け」タイトル画像



 「会員登録と会員専用ページについて」画像

丹羽SODロイヤル・免疫乳酸菌ベルムカインを会員特価でお届け




SODロイヤル詳細ページへ   SODロイヤル体験談愛用者の声   活性酸素とは?

ベルムカイン詳細ページ   そもそも乳酸菌とは?   特別な免疫乳酸菌ef-2001




定期注文がオススメ




      定期注文にお申し込みいただくと、さらにお得なお値段で購入できます。
     (*定期注文へのお申し込みでの割引はSODロイヤル限定となります。)


      毎月、自動的に送られてくるので注文の手間もなく便利です。
      また、自動で送られてくることによりきちっと長く続けられます。


      お申し込み・解約・一時ストップが簡単にできます。
     (*ご詳細は会員様専用ページをご覧ください。)



      お得。便利。簡単。オススメです。



定期注文のお悩み解決



余らせても安心。



      そんな時には、一時的にストップができます。

     毎月、少しづつ余り商品が届かなくても余裕のある月には、定期注文を一時的にストップする事ができます
   ので、安心してお得にご利用いただけます。
   ご連絡方法も簡単です。
   お電話か「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。





丹羽SODロイヤル活性酸素を除去  ベルムカイン免疫乳酸菌EF-2001
■SODロイヤル
なかなか改善されない体の不調にお悩みではありませんか?
そういった病気のほとんどは活性酸素とよばれる体内で発生する物質が原因といわれています。 活性酸素自体は身体に有益な物質ではありますが、これが過剰増加することで多くの疾病を引き起こす原因 となるのです。 この過剰増加した
活性酸素を除去する役割を持つものがSOD酵素です。 SOD酵素はもともと誰しもが持っている酵素ではありますが、ストレスの増加や年齢を重ねるにつれてSOD 酵素を上昇させるSOD誘導能が低下することが発見されました。
丹羽博士の開発した丹羽SOD様作用食品は、ビタミンB・C・ B2・カロチンなどの抗酸化物質が豊富な胚芽・大豆・米ぬか・ハトムギ・ゴマ・柚果果汁・杜仲抹茶などの天然素材を原料としています。また、原材料の特質を損なわない加工法なので、化学合成品として製造されるビタミン製剤とは全く異なっており、より吸収を良くするように考案されました。
丹羽SOD「SODロイヤル」は、低下したSOD誘導能を補うことができます。 百聞は一見にしかず。健康を維持し、美容にも良い影響を与える栄養補助食品として長年愛用されている 「SODロイヤル」を試してみてはいかがでしょうか?
■ベルムカイン
人間なら誰でも免疫力を高めたいと思う事はあると思います。
免疫力の代表格が白血球ですが、ベルムカインシリーズ(乳酸球菌EF-2001株)には白血球の栄養源である「BRM」が豊富に含まれています。また、特許取得の免疫乳酸菌EF-2001株は数ある乳酸菌の中でも
最も免疫活性能の高い乳酸菌でとても良質な乳酸菌です。さらに、このEF-2001株を加熱処理する事によって、少量で大量の乳酸菌を摂取できたり、免疫作用を高める事や体内への吸収をスムーズにするなどの効果があります。このように加熱処理をした乳酸菌を生きた乳酸菌と区別するために免疫乳酸菌と呼んでおり、近年、大変注目を集めている乳酸菌の一つです。
免疫乳酸菌EF-2001株には、白血球の栄養源である「BRM」が豊富に含まれており、EF-2001を大量に摂取できるベルムカインシリーズは免疫増強作用に大変優れた乳酸菌サプリメントとなっています。
皆さんもご存知のとおり、ある程度の歳になると年齢とともに免疫力が低下していってしまい、様々な病気にかかったり体調不良が起こります。免疫力を高めたいと思いの方は是非試してみてはいかがでしょうか?





丹羽診療所ご紹介タイトル画像

丹羽療法の肝細胞ガンに対する延命効果が国際医学雑誌「INTEGRATIVE CANCER THERAPIES」に掲載されました。
抗ガン剤や放射線治療を用いない生薬を基本とした療法が、国際癌学会での認知は丹羽療法が世界初。ご詳細は、「日本SOD研究会


 

 ■土佐清水病院

  院長      丹羽耕三 博士(京都大学医学博士
  診療科目    内科・皮膚科・外科・眼科・小児科
  住所      高知県土佐清水市幸町5-3



  ■厚生労働大臣認可 全国広域医療法人サテライト診療所

  札幌市・さいたま市・横浜市・新潟市・大阪市・名古屋
  博多区・岡山市・小松市    全9ヵ所



 土佐清水病院の写真画像

丹羽療法説明



ー 丹羽療法で主に使用される生薬 ー

丹羽SOD食品
(低分子抗酸化剤)

大豆・米ぬか・ハトムギ・小麦・ゴマなどの天然食物の原料を特許所得の独自の特殊製法で加工した製品で、健康維持や症状改善が目的で使用されます。

マグニー石

遠赤外線サンドバス療法に使用されるマグマが噴火してできた岩石(薬石)で、細胞を活性化する強力な遠赤外線でガンやアトピーなどの症状改善に使用されます。通常の岩石よりもはるかに強力なエネルギーを放射します。

BG105
(チャーガ)

まず、チャーガ(カバノアナタケまたは白樺霊芝)とは、白樺などのカバノキ科の幹に寄生している非常に希少価値の高いキノコで、とても高い抗酸化作用があり、サプリメントととしても使われています。このチャーガを特殊加工したもので、抗ガン作用・抗ウイルス作用があります。

BG103
(アガリスク)

アガリスク(ニセモリノカサ・ヒメマツタケ)とは、ハラタケ属のキノコで、ガンの予防・抗ガン作用が高いとしてサプリメントととしても使われています。中国産のアガリスク茸を遠赤外焙煎・発酵などの特殊加工により、有効成分のβグルカンを活性型にしたものです。

DH1・DH2
(鹿角霊芝)

鹿角霊芝とは、霊芝(マンネンタケ科)の一種で、非常に希少価値の高いキノコです。サプリメントととしても使われています。抗腫瘍効果を持つとても硬いキノコで、遠赤外線焙煎・発酵などの特殊加工をし活性化させ使用します。

BWS
(ビワの種子)

ご存知のとおりビワの実は、昔から食用として用いられており、薬用としても期待されてきました。このビワの種子を特殊加工したもので、ビワの種子に多く含まれるシアンには抗腫瘍効果があります。

冬山

冬虫夏草(オオコウモリガの幼虫に寄生するキノコで、生薬・薬膳として用いられている。)と山伏茸(クヌギ・シイの木などの枯れ木に生息するキノコで、食用・生薬として用いられている。)を4対1で混ぜ特殊加工で活性化させたもので、主にガン治療に使われます。

オンコ 

抗ガン物質であるタキソテールが含まれている中国産の特殊な杉の木(イチイ属)で、これを特殊加工で活性化させたものを使用しています。


ー 丹羽療法の開発 ー  日本SOD研究会報(増刊号)より

丹羽SOD食品の開発者である丹羽耕三博士は、丹羽免疫研究所の所長であり土佐清水病院の院長として毎日、医療の現場で、癌、アトピー、膠原病などの難病に苦しむ患者さんたちの治療にあたられています。丹羽博士は1962年に京都大学医学部を卒業し、医学博士を取得されました。その後、活性酸素とSODの研究を臨床家として国内はもちろん、世界的にも最も早くから手掛けられ、世界的権威として、広く海外に知られています。SODなどの生体防御の研究論文が著名な英文国際医学雑誌に続けて発表され、その数は50篇を越します。多忙な治療の傍ら、国際医学雑誌への投稿論文の審査員もされています。国内では、ベーっチェト病やリウマチ、アトピー性皮膚炎の治療・研究に長年従事し、多くの難病の原因を活性酸素の異状から解明し、これらの難病の治療に関して、SOD様作用食品等の低分子抗酸化剤や抗ガン剤を自然の食物・穀物から開発し、大きな治療効果を上げています。丹羽SOD様作用食品が天然素材だけで構成されているのは、丹羽博士とご子息の白血病との、筆舌に尽くしがたい、正に凄絶な闘病生活に、その原点があります。当時、西洋医学一辺倒で白血病の治療としての放射線治療も至極当然に考えられていたそうです。患者ばかりでなく周辺部位も含めた皆殺し的な療法に苦しむ息子さんを見ても、どうすることもできず極度の無力感にまれ、息子さんの死後、医師を辞める決意までされたそうです。
その時の壮絶な体験から自然回復での療法に情熱を捧げ、丹羽療法(丹羽SOD食品)ができたました。







商品購入・会員登録ページリンクl画像


ページ下木のイラスト画像
●商品一覧
ベルムカインシリーズ
SODロイヤル
ルイボスTX30
その他SOD-IST
●インターネット会員
会員登録
会員様情報・変更
 
●ご利用にあたって
ご利用案内
お買い物方法
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
スマートフォン版
●お問い合わせ
お問い合わせフォーム
TEL0120-361-666
受付:10時~18時
●お取引会社様
(株)日本ベルム
(株)丹羽メディカル研究所
管理者のつぶやき|SOD会報から
健康体での検診(NO190)
 
オプジーボと肺ガン(NO189)
西洋医療の抗癌剤治療(NO186)
丹羽SODインタビュー(NO185)

診療の様子、抗ガン剤(NO184)
丹羽SODインタビュー(NO183)
乳ガン検査の必要性(NO182)
丹羽SODインタビュー(NO180)
高血圧と肺炎ワクチン(NO179)
食品表示について(特集号)
人間ドックとガン検診(NO176)
前立腺ガンについて(NO174)
著者:三石巌先生(NO172)
子宮頚ガンワクチン(NO169)
PM2.5/白内障とSOD(NO168)
健康寿命について(NO167)
ガンの再発と予防(NO165/166)
iPS細胞について(NO164)
愛用者からのご質問(NO163)
丹羽療法(NO162)

パーキンソンとルイボス(NO160)
アトピー治療について(NO159)
20周年特別講演②(NO158)

20周年特別講演①(NO157)
世界が認めた丹羽療法(NO156)
膠原病治療について(NO155)
高血圧について(NO153/154)
精神疾患とSOD(NO152)
不妊症とSOD(NO151)
子宮頚ガン・てんかん(NO150)
震災事故での放射能(NO149)
脳血栓とSOD(NO148)
夏の大敵・熱中症(NO147)
気をつけたい食中毒(NO146)
放射性物質について(NO145)
統合医療展での講演(NO144)
花粉症とアレルギー(NO143)
人間ドックの必要性(NO141/142)
クスリとSOD(NO140)
増える皮膚ガン(NO139)

甲状腺疾患について(NO138)
パーキンソン病について(NO137)
SODと好転反応(NO136)
プロトピックについて(NO135)
脳脊髄液減少症について(NO134)
丹羽先生の講演模様(NO133)
土佐清水病院について(NO132)
腎炎・肺線維症について(NO131)
甲状腺疾患と治療法(NO130)
皮膚の難病について(NO129)
丹羽先生祝賀会の様子(NO128)
難病について(NO127)
愛用者のご質問(NO126)
ガンの転移・再発(NO125)
リウマチについて(NO124)
丹羽SODインタビュー(NO123)
ガン患者のご家族談(NO122)
旭川での講演模様(NO121)
健康博覧会での講演(NO120)
うつ病など精神疾患(NO119)

循環器の疾患について(NO118)
臓器移植について(NO117)
民間療法について(NO116)
ガンの治療法について(NO115)
獣医と丹羽療法(NO113)
様々な疾患とSOD(NO112)
ご愛用者質問(NO111)
難病と活性酸素(NO110)
丹羽先生へのご質問(NO109)
第26回健康博覧会(NO108)
静脈瘤などのご質問(NO107)
ルイボスについて(NO106)
肝炎について(NO105)
増える前立腺ガン(NO104)
ステロイドについて(NO103)
糖尿病について(NO102)
メタボリック(NO101)
白血病など血液のガン(NO100)
肺ガンについて(NO99)
難病とされる病(NO98)
その他メニュー(NO97以下)
コピーライト画像